2006年08月15日

中秋の名月を雅に体験

満月を見ると心が揺さぶられるのは、オオカミだけではありません。
なぜか哀しいような、恋心を揺さぶられるような、不思議な心地になるものです。

名月を愛でる観月の宴が京都各地で開催。
以前、大覚寺で龍頭船に乗ってお茶をいただいたり、平安チックな本堂で、管弦の宴を楽しみましたが、あの雰囲気は京都ならではですね。
皆さんもいかが?ちなみに今年の中秋の名月は10月6日です。

■大覚寺/観月の夕べ■
日本三大名月観賞池のひとつ、大沢の池で観月の夕べが開催。龍頭船が浮かび、琴の調べが響く中、雅な雰囲気に包まれます。池に浮かぶ船の上と池畔にお茶席が設けられます。

場所: 大覚寺五大堂、大沢池一帯
期日: 平成18年10月5日〜7日
※雨天の場合中止あり
時間: 17〜21時頃
料金(予定): 夜間特別拝観料・大人500円 小中高生300円
船席券1200円、立礼席/本席券 600円
内容: ○満月法会(期間中毎日18時半〜)
○屋形船での茶席(要船席券)
○琴演奏等(期間中18時〜21時)
○模擬店(期間中の夕刻)
○茶席(要立礼席券・本席券)
交通: JR京都駅より京都バス71、80、81 大覚寺前停留所
電話: 075−871−0071


■下鴨神社「名月管弦祭」■
観月の会と併せて雅楽の奉納あり。平安貴族舞、舞楽、管弦、琴の演奏など優美で雅な雰囲気が楽しめます。お茶席もあり。

場所: 下鴨神社
期日: 10月6日
時間: 17時半〜21時
(17時半より王朝舞や舞楽、管絃を奉納します。)
料金: 観覧は無料、お茶席1000円
交通: JR京都駅より市バス4、205系統下鴨神社前停留所
電話: 075−781−0010


ほかにも京都市内各寺社で観月の宴や奉納があります。  
 
                −みやこ−
posted by みやこ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。